A-mi-aquariumの日記

熱帯魚の世界はまだまだ未知に溢れています。水換えに潜む謎を解明し、より簡単でより楽チンでアクアリウムが出来るよう掲載していきます。

秘密厳守!最も簡単に熱帯魚を飼育する方法。

 こんばんは、千葉のパソコンの調子がすこぶる悪くて、1記事書くのに3時間掛かっている管理人のKeisukeです。

 

 

 熱帯魚の飼育って、パッと思った時に「難しいな」って大体の方は思うと思います。

 

 

しかし、じつはとっても簡単に飼育が出来ちゃいます。

 

 

肝心なのは、ポイントを押さえる事。

 

ポイント1、温度

 

ポイント2、水流

 

ポイント3、光

 

 

ここさえ押さえてしまえば、水換えなしでウ◯コ掃除もなしで熱帯魚が飼育出来ます。

 

楽チンでしょ?

 

 

では、ポイントをさらに具体的にしちゃいましょう。

 

ポイント1、温度

 

ここは、最も重要です。

 

水温度が下がる分には(実施例では、冬にヒーターなしで検証済み)さほど影響はありませんが、水温が上がるとなると致命的です。

 

水流とか光とか関係無しに死ぬか病気に掛かります。

 

なので、25度をなるべくキープ出来るようにしましょう。

 

 

ポイント2、水流

 

 

ポイント1の次に重要になります。

 

水流がある所、水流が止まるところを作り、お互いに関連性を持たせます。

 

水流の発生は、エアーレーションでも、水流ポンプでも構いません。

※水槽内が洗濯機にならないように注意。

 

ポイント3、光

 

これは、長く良い環境を維持する為にします。

理想は、太陽光です。

 

でも中々難しい面もあるので、白熱灯でも代用可能です。

 

その光を水流の止まっているところに照射するように設置します。

 

 

たったこれだけで、熱帯魚は飼育出来ます。

 

日々の蒸発した分の水足しと、餌やり、ガラスに苔やバイオフィルムが付着するので、落とすだけ、水槽から取り出す作業は、一切いりません!

 

ぜひお試し下さい。

 

分からなかったら連絡下さいよ〜|( ̄3 ̄)|