A-mi-aquariumの日記

熱帯魚の世界はまだまだ未知に溢れています。水換えに潜む謎を解明し、より簡単でより楽チンでアクアリウムが出来るよう掲載していきます。

秘密厳守!最も簡単に熱帯魚を飼育する方法。

 こんばんは、千葉のパソコンの調子がすこぶる悪くて、1記事書くのに3時間掛かっている管理人のKeisukeです。

 

 

 熱帯魚の飼育って、パッと思った時に「難しいな」って大体の方は思うと思います。

 

 

しかし、じつはとっても簡単に飼育が出来ちゃいます。

 

 

肝心なのは、ポイントを押さえる事。

 

ポイント1、温度

 

ポイント2、水流

 

ポイント3、光

 

 

ここさえ押さえてしまえば、水換えなしでウ◯コ掃除もなしで熱帯魚が飼育出来ます。

 

楽チンでしょ?

 

 

では、ポイントをさらに具体的にしちゃいましょう。

 

ポイント1、温度

 

ここは、最も重要です。

 

水温度が下がる分には(実施例では、冬にヒーターなしで検証済み)さほど影響はありませんが、水温が上がるとなると致命的です。

 

水流とか光とか関係無しに死ぬか病気に掛かります。

 

なので、25度をなるべくキープ出来るようにしましょう。

 

 

ポイント2、水流

 

 

ポイント1の次に重要になります。

 

水流がある所、水流が止まるところを作り、お互いに関連性を持たせます。

 

水流の発生は、エアーレーションでも、水流ポンプでも構いません。

※水槽内が洗濯機にならないように注意。

 

ポイント3、光

 

これは、長く良い環境を維持する為にします。

理想は、太陽光です。

 

でも中々難しい面もあるので、白熱灯でも代用可能です。

 

その光を水流の止まっているところに照射するように設置します。

 

 

たったこれだけで、熱帯魚は飼育出来ます。

 

日々の蒸発した分の水足しと、餌やり、ガラスに苔やバイオフィルムが付着するので、落とすだけ、水槽から取り出す作業は、一切いりません!

 

ぜひお試し下さい。

 

分からなかったら連絡下さいよ〜|( ̄3 ̄)|

 

 

 

 

できたて!小さなフィルターレス水槽

こんばんは、Keisukeです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

 今日、ようやく20cmキューブ水槽単一での水槽構成がまとまったので、とりあえず実施します。

 

 

 見栄えはともかく、成功すれば小さな水槽でもフィルターレス濾過システムが可能となる。

 

 

 

 結果に期待しましょう(´༎ຶོρ༎ຶོ`)f:id:A-mi-aquarium:20170615232935j:image

簡単に熱帯魚飼育!第一弾

こんばんは。

管理人のKeisukeです。

 

 

 

特許も出願したのでザックリしっかりとより具体的な方法を開示していこうと思います。

 

 

先日、ミナミヌマエビが★してしまったのですが、水槽内に放置して、経過を観察しました。f:id:A-mi-aquarium:20170613020712j:image

 

 

10日ほど前に立ち上げた最新の研究データを元によりいわゆるSサイズ水槽(横315mm.縦19mm.高さ240mm)で簡素化さしたフィルターレスの飼育装置です。

 

熱帯魚は、ネオンテトラ1cm程度6匹、ラズボラ2匹1cm程度、グッピー2匹大きめ、あとメダカ目の熱帯魚2匹の全12匹を飼育しています。

 f:id:A-mi-aquarium:20170613020928j:image

 

 

画像では、汚物の集まる場所を観察しやすいように砂利を半分のみに敷き、砂利のない場所が、一番底面とすることで汚物を集め、観察します。

 

 

 

エビの亡骸1日目と2日目はあまり変化がありませんが、3日目に変化は起こりました。

 

 

 

食べられている?

 

 

 

食べれるようになったの?

 

 

いままできがつかなかっただけ?

 

 

甲羅が硬かったから?

 

 

 

いえ、食べれるようになったのです。

 

 

 

つまり生物濾過が水素内で正常に機能すると、たくさんのバクテリアが発生し、浄化活動(酵素で分解)を生じます。

 

 

 

それはいつしか、熱帯魚が食べらるデトリタスとなり、人の知らぬ間に食されているのです。

 

 

 

いままで、汚物が食物になるまでどの位の期間がかかるか分かりませんてわした。

 

 

 

今回の実施で3日と言う期間がバーであることがより明確に立証されたと思います(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 f:id:A-mi-aquarium:20170613020744j:image

 

 

 

 

個人で特許取得出来るのか?出願後

こんばんは、管理人のKeisukeです。

 

2017.6.8に特許を出願してまいりました。

 

研究を7年、特許に向けてさらに探究し3年あまり。

 

遂に出願出来た。とホッとしていますが、まだまだこれからがいよいよ本番なのです。

 

 

私は電子出願だったのでデータ変更手数料はかかっていませんが、書類で送る出願方法は、一枚づつデータに変更するお金がかかります。

 

 

さて、この後ですが、まず早期審査を申請します。

 

すると、順番割り込みみたいな感じで早く審査してくれます。

 

 

そして、更に個人事業主&中小企業でえるなら、減免申請することで費用が1/3に削減出来ます。

 

 

ただし、噂では、29年の1月だったかな?で減免申請は終わってしまうみたいなので、該当する方で現在出願に奮闘されている方は、急いだ方がいいかもしれませんね。

 

 

決定事項では無いのでご注意下さい。

 

 

 

早期審査を申請し、審査を行ったら大抵拒絶通知が届くらしいのです。

 

 

これに60日以内に応対しないと特許を認めてもらえないのでちゃんと応対しましょう。

 

 

しかし!?応対する文章は、付け足す事が一切出来ません。

 

 

つまり、明細書内の文章のみで応対しなくてはなりません。

 

 

なので、考えられる全ての拒絶理由を想定し、明細書を構成していかなければ特許を貰えることは、まず無いでしょう。

 

 

 

そして私は、ここの明細書の構成で約1年かかってしまいました。

 

 

 

言葉じり一つで全てががりますので、プレッシャーが半端なかったのと、どう言う構成がいいのか全く理解不能でした。

 

 

 

 

理解出来てくると、構成はスムーズに行き相対して分かりやすい文章になっています。

 

 

 

 

一難あってまた一難。

 

 

 

初めての特許取得は実に興味深いです。

 

 

 

しっかりと自分が思う権利になるように明細書と請求の範囲に全てをかけて来ました。

 

 

 

商品も自身も特許と言う存在のおかげ様で、十分に熟成して来ました。

 

 

少なからず言えることは、商品開発にとって特許を取得する行動と言うのは必ずやるべきだと思います。f:id:A-mi-aquarium:20170611012006j:image

 

近日、ホームページに文献は掲載する予定なので、気になる方は参考までに観覧して下さいね。

個人で特許取得する本当の理由。

管理人のKeisukeです。

 

特許の権利って取れたらすごいなーとか、一度は、そんな発明したいなーとかすごくぼんやりしたイメージを抱くことが多いと思います。

 

本当のところは商売上で商品を守るために作られた、いわゆる無形財産の権利化なんですが、時代も進むに連れて当然認知度も上がって来ます。

 

 

 

そうすると、、、

 

 

 

権利範囲を巧みにすり抜けて同じような商品も出て来ちゃいます。

 

 

そう言う場合にならないように、より詳細に書いてしまうと、特許権の情報を一般公開されてしまうわけですから、ノウハウや技術を奪われると言った事にもなりかねません。

 

 

 

しかし、、、

 

 

そもそも特許権は産業の発展を重きに置いた思考であり、今よりもっと良いものを皆さん作ってくださいね、だと言ったメッセージも込められた一般公開なんですよね。

 

 

さらに、個人などあまり軍資金がない方だと、発明の理解度を深める事が困難であるリスクがあります。

 

 

研究所や資産のえる王手企業などは、発明の研究に資産を投入出来ます。そうすると、発明の詳細な事まで把握する事が容易に出来ます。人も複数でやりますので効率も上がります。

 

 

つまり、、、

 

発明をより深く理解する事ができます。

 

 

すると、、、

 

 

弁理士さんに頼んだとしても、発明の詳細を説明できるため、より高度な文献の作成が可能になります。

 

 

逆に、個人などの軍資金がない方が弁理士さんに頼んでも発明のより深いところまで行くのが難しくなります。

 

たとえ、特許が取得出来たとしても、それを商売として使うのには無理があります。

 

 

 

無形財産の権利化とは、その発明の概念であり、特許権として示す文書は骨格であり、商売を行うにはその骨格に肉付けを行う必要が有ります。

 

 

つまり、応用が出来るほど、その発明に対して理解していないと行けません。

 

 

では、個人で特許権を取っても意味がないのか?

 

 

いえ、大いに有ります。

 

 

発明は、無形財産であり、技術や規格などに基準が有りません。自由なのです。

 

 

そこが厄介で、これで完成と思えばその発明は完成なのです。でも、何かまだ解決しなければならない事があると思えば、その発明は完成していないのです。

 

 

ここは、自分との戦いになりますが、自身も体験したり、見たり聞いたりと色々経験した中でしか思考が働きません。なので、発明が完成したと思いがちになってします。

 

 

そこで特許権を自身で作成するとなれば、従来の技術、従来技術の課題、解決策、解決手段、実施形態の説明などを起承転結にまとめ尚且つ具体的に明確に表記しなければ行けません。

 

 

つまり、特許権を取得する行動を取ることにより、発明の技術や思考に基準ができ、自身の思考の枠を超えた規格を見出す事が出来るようになるのです。

 

 

それは、発明をより深いところまで理解する事が可能であり、ビジネスをする上での自身の成長にも繋がります。

 

 

ただ、、、、

 

 

しんどいです。

 

何回書き直したか、感覚的には雲を掴むようでした。

 

最後までお読み頂きありがとうございます😊

私も特許と奮闘中ですが同じように特許と奮闘している方には、決して諦めて欲しくないと思います。

 

 

私の場合、答えはいつも目の前にありました。

ただ、中々見えないのです。f:id:A-mi-aquarium:20170607013136j:image

 

個人で特許取得できるのか?(3(

管理人のKeisukeです。

 

 個人や個人事業主などで特許を取得される方もいらっしゃます。

 

 

私も、各都道府県に設置されている発明協会に相談に行った時、一生に一回の記念で取られる方もいますと教えてもらったことがありました。

 

 

 

そして、ただ特許を取得しても、商売に繋がるのは難しいとも教えてもらいました。

 

 

 

その点が大手企業さんの取り方との違いでしょう。

 

 

大手企業さんは、ザックリ言うと主となる特許を取り、その関連することもさらに特許を取り、周りを固めてより強い権利を取得します。

 

 

まぁお金あれば私もしたいです。

 

 

 

しかし、個人や個人事業主さんはその十分な資金を持っていないのがほとんどです。なので、一本の特許権で勝負しなくてはいけません。

 

 

 

当然勝ち目などありません。

 

 

 

 

しかしながら、このような事も教えてもらいました。

 

 

特許は、商売の謳い文句として使うのは自由だが、それがあれば売れると言うふうにはならないよ。

 それよりも、他企業さんから訴えられないようにする事に特許は長けているんだよ。

 

 

まさしくその通りだと思いました。

 

 

ただ、一つの特許を弁理士さんにお願いし、100万前後のお金を払って取得したところで、確実に売れる保証なんてないですよね。

 

 

しかも、発明に穴があり、明細書の記載も穴だらけになり、類似品が出るのを抑えるなんて不可能に近いでしょう。

 

 

 

そんなんだったら個人や個人事業主が商売する為に特許なんか取らだけ無駄と思うかもしれません。

 

 

 

そうではないのです!

 

 

 

特許は発明を書面にしなければいけません。具体的には、

 

背景技術(従来の技術)

 

発明が解決しようする課題

 

問題を解決する手段

 

発明の効果

 

この内容を言葉にするには、大きな何かの問題があり、発明はどのように解決するのか?そして実施した事によって従来よりどのように良くなって、どのような効果が得られるのか?明確に書きしるさなければなりません。

 

 

つまり、自身の発明を熟知していないと到底かけるものではありません。

 

 

 

さらに、上述している内容を立証する根拠を、記載しなくてはいけません。

 

発明を実施する形態。

 

 

これらを明確に記載する為に発明を熟知しなくてはいけませんが、優先事項が書方である為ある程度の理解であっても、弁理士さんに、依頼する事で通る事が多いのです。

 

 

ビジネスを行う場合は、常に新しい物が求められます。しかし、ある程度の理解で特許を取得してしまうとその発明を応用できません。最悪単発で終わってしまいます。

 

 

 

そこは、大手企業さんとは違うのでしっかり発明を理解し、応用出来るように特許を取得する必要性があります。

 

 

 

その上で本当にこの発明は、特許取得するべきか、再度検討し最終決定を出したほうがいい思います。

 

 

 

また、自身で特許を取得しようとすると、今まで以上に自身の発明をより深く理解する事が可能になり、大手企業に真似をされたとしてもいい動じることはないと思います。

 

 

 

すなわち、個人や個人事業主であっても特許権は取ったほうが良いと判断出来ます。

 

 

 

 

個人で特許取得出来るのか?(2(

管理人のKeisukeです。

この情報化社会になった現代では、特許取得自体はさほど難しくなくなってきたと言います。

 

私もそうだったのですが、特許と言えば電球を発明したワットやエジソン級の偉業を成し遂げることだと思っていましたが、そうではないのです。

 

もう世に出ている周知となった事でも今より優れている事があり、それがまだ誰もやったことのない事であれば、それは特許権になりうると言う事です。

 

例えば電球を発明したのはワットですけど、その時は電球はすぐに割れてしまい商品として不向きでした。それを割れないでずっと光らせる事に成功したのがエジソンです。エジソンはそれで電球の特許権を取得しました。

 

つまり、ちょっとした事でもとても便利になれば、それは発明なのです。

 

実際に特許の基準として、新規性の有無と進歩性の有無があります。

 

新規性はワットのような今まで存在していなかった物を発明する事。進歩性は、その発明された電球が今よりどの程度優れているか?というエジソンのような事です。

 

しかし、誰でも取れるとは言うものの、権利を得ると言うことにはお金と労力がかかります。個人でするとなれば、バカにならない金額が掛かりますので、何か取らなくてはいけない理由がいるのです。

 

大抵は商売で真似されたくないから、とか訴えられないように、と言うように自分が何かしらのビジネスとして活躍するために権利が必要になってくると思います。

 

しかし、そうなるとやはり権利範囲はなるべく広く取りたいですよね。

 

そうなると、特許取得の壁は一気にエベレスト級に高くなります。〔私の経験で感じた事です。〕

 

特許権は星の数ほどあります。自分が取ろうとしている権利がすでに取られている可能性は高いと思っておいた方が良いでしょう。

 

そこで、特許庁の提供しているデータベースで検索し、先に調査しておきます。そして、現在自分の取ろうとしている分野で同じ様な発明をひたすら検索します。

 

調べた類似特許文献の請求項を熟読し、どう言う権利なのか理解し、その特許権の範囲がどの程度の範囲なのか調べます。

 

そして、現在ある特許権に引っかからない様に自分の権利範囲を見定めて、再度自分の発明を見直します。それでも発明であると判断出来たら、ひとまず望みが出てきた程度に判断して良いでしょう。

 

私の場合は、文書を読むことがそもそも嫌いで論文のような気難しい文献は、必ず睡魔が襲いました。なので、どうやって眠らすに集中して特許文献を読むか?と言うことをずっと考えていました。

 

今思えば、もうその時点で特許権取得を挫折する寸前であったなと思います。

 

しかし、子供も生まれて、子供の事を思えば何としてでも取らなければ行けないと心の底から思えた事が、大きな自身の原動力となり、始めの挫折を乗り越える事が出来たと感じています。

 

すなわち、個人でビジネスに通用する権利を取得するには、1人の力以上の大きな原動力が必要になると思います。

 

これは、まだスタートラインにも立っていません。この先さらなる苦難が待ち構えているとは夢にも思いませんでした。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

個人で特許取得出来るのか?この先の苦難を特許取得に奮闘している方に提供し、少しでも特許取得へ近づけたらと願っております。

 

そんな皆様に届くようにシェアして下さい。宜しくお願い致します。